鹿対策

日本全国で野生動物の増加により鳥獣害発生件数が増えています!!

●鹿ソニック鳥害獣対策製品は、T.M.WORKS独自の音慣れ防止策を講じた高周波音を利用して農業用の害獣駆除を目的とし、動物を傷つけることなく山へ帰すと言うねらいから2018年に山梨、静岡、伊豆地方実証実験を行い一定の評価が得られました。
これを受け、2019年は北海道でも実証実験を行い本州同様の評価を得られた事からお客様の ニーズに合わせた製品開発・販売を開始致しました。
●鹿ソニック鳥害獣対策製品のご使用で、ハウスや路地栽培の作物への食害を大幅に抑制する効果が期待されます。
また、キャンプ場、ゴルフ場の施設ではゴミ等荒らされたくない箇所に設置することで、被害を抑制します。
●鹿ソニックについては岡山理科大学 辻教授と共に各地で実証実験を行っており、2021年2月・2022年2月とそれぞれ論文を発表いたしました。


鹿ソニックキット鳥獣害対策用 ソーラーパネル仕様 本体1機 スピーカー2機 品番 JK004 価格 ¥132,000(税込)
1.制御BOX(鹿ソニック本体・ソーラー制御器・タイマー機器・バッテリーチェッカー) 1台
2.スピーカー2機仕様 1台
3.スピーカーブラケット 2台
4.M5X10・M5フランジナット各8個
5.12Wソーラーパネル固定ブラケット 1台
6.12W ソーラーパネルハーネスコネクター付き 1台
7
.12V バッテリー 1台
8.M6X10・M6フランジナット 各4個
9.取り扱い説明書
10.150㎜タイラップ 5本

鹿ソニックキット鳥獣害対策用 ソーラーパネル仕様 本体2機 スピーカー各2機 品番 JK008 価格 ¥165,000(税込)
1.制御BOX(鹿ソニック本体2台・ソーラー制御器・タイマー機器・バッテリーチェッカー) 1台
2.スピーカー2機仕様 2台
3.スピーカーブラケット 4台
4.M5X10・M5フランジナット各16個
5.20Wソーラーパネル固定ブラケット 1台
6.20W ソーラーパネルハーネスコネクター付き 1台
7.12V バッテリー 1台
8.M6X12・M6フランジナット 各4個
9.取り扱い説明書
10.150㎜タイラップ 5本

ソーラーパネル・制御BOX・スピーカーの固定は基本足場用単管を使用します。
足場用単管48.6mm・ステンレスバンド・立バンドを別途ご用意ください。単管の長さ2m程度を50cmほど地中に打ち込み取り付けします。


鹿ソニックキット鳥獣害対策用 100V 仕様 本体1機 スピーカー2機 品番 JK006 価格¥99,000(税込)
1.制御BOX (鹿ソニック本体・タイマー機器・AC-DCコンバーター) 1台
2.スピーカー2機仕様 1台
3.スピーカーブラケット 2台
4.M5X10・M5フランジナット各8個
5.5mテーブルタップ
6.両面テープ 2枚
7.100mmタイラップ 3本
8.取り扱い説明書

鹿ソニックキット鳥獣害対策用 100V 仕様 本体2機 スピーカー各2機 品番 JK010 価格¥137,500(税込)
1.制御BOX (鹿ソニック本体 2台・タイマー機器・AC-DCコンバーター) 1台
2.スピーカー2機仕様 2台
3.スピーカーブラケット 4台
4.M5X10・M5フランジナット各16個
5.5mテーブルタップ
6.両面テープ 2枚
7.100mmタイラップ 3本
8.取り扱い説明書

制御BOX・スピーカーの固定は基本足場用単管を使用します。
足場用単管48.6mm・ステンレスバンド・立バンドを別途ご用意ください。単管の長さ2m程度を50cmほど地中に打ち込み取り付けします。

上記は基本セットとなりますので、使用用途などに応じて個々の案件に対応可能です。


オプション

スピーカーブラケット 品番RK007 価格¥1,650(税込)

 

 

 


交換用スピーカー1機仕様 品番SP001 価格¥4,400(税込)

 

 

 

 

交換用スピーカー2機仕様 品番SP002 価格¥6,600(税込)

 

 

 

 


鹿ソニックご使用上のご注意

鹿ソニック1台の照射距離は50m~70m・照射幅中心から左右に30度となるため農地全体をカバーすることはできません。
獣の侵入方向がわかっている場合には、侵入方向に向けて1台の設置をすることで対応可能です。
電牧柵だけでは防御出来ない圃場や電牧柵を設置できない場所などでの補助的なアイテムとして効果を発揮します。
同一場所において複数台の使用は可能です。



ニホンジカの推定個体数は、2017年244万頭、エゾジカの推定個体数は、約66万頭となっており25年間で約10倍に増加しています。
また、イノシシの推定個体数は2017年88万頭と25年間で3倍に増加しています。
山梨県においては、2015年で7万頭以上のニホンジカが生息し、適正生息数4700頭に対して15倍が生息しています。

野生鳥獣による農作物被害額158億円(2018年度)うち約7割が鹿・イノシシ・サルです。
森林被害面積は全国で年間約6千ha(2017年度)で、このうち鹿による被害は約3/4を占めています。
水産被害としては、河川・湖沼では、カワウによるアユ等の補色・海面ではドトによる魚具の破損等が深刻です。

鳥獣害被害は、営農意欲の減退、耕作放棄・離農の増加、さらには下層植生の消失等による土壌流失、高山植物の消失・希少植物の食害、車両との衝突事故等も被害ももたらしており、被害額として数字に表れる以上に農山漁村に深刻な被害を及ぼしているとしています。

以上、令和元年農林水産省発表の資料より抜粋

 


電柵のない道路に鹿ソニックを設置した実証実験!!

山梨県身延町山中に設置した鹿ソニック付近で、鹿が侵入を阻止する様子が確認できます。
左手前の雄鹿は侵入しているように見えますが、カメラが鹿ソニックに近すぎたためで、侵入はしておりません。

 




 


Copyright © T.M.WORKS, Ltd. All rights reserved.